vietnamoni’s blog

ベトナムの観光地の裏側を歩く

ベトナムサバイバル 4/28 ダナン

今日もダナンの街中を歩き回る。12番のmy kheビーチ側の終点まで行ってみるが、大したことない。道路を隔てた陸側はまさに開発地と言った感じで、町から外れた小さな家が散らばる場所に場違いに見える高層ビルを建設中。ビーチ側にあったおしゃれに見せてる屋台のカフェでアイスコーヒを頼んだが、15kで道端の屋台カフェと同じレベルの、しかも薬臭いコーヒーが出てきた。ついでに飲んでたら口に何か固形物が入ってきたので吐き出してみると、よくわからない緑色の物体だった。ビーチリゾートの屋台カフェがこんなレベルだ。

ネットでダナンを検索するとビーチリゾート!との宣伝サイトがわんさとヒットするが、はっきり言ってビーチリゾートを満喫したいならダナンである必要はない。ここは”ビーチリゾートになりたがってる街”であり、ビーチリゾートではない。需要に合わせたのではなく国の政策で整備してるような海岸通りとどこかの浜辺とかわらないビーチ、観光用に作ったであろう人がほとんど乗っていないこぎれいなローカルバス。リゾート感を出しているのはホテルが作ったプライベートビーチエリアくらい。その点ニャチャンはビーチもリゾートにふさわしい景観で、観光インフラも整っていて、本物のビーチリゾートといえる。ただ、COM屋の飯は安くてうまい。カフェの数に負けず劣らず競争が激しいようで、ニャチャンのCOM屋よりレベルが高い。中には値段がちょっと高めだが、それでも25kでうなるくらいにうまいCOM屋もある。

ベトナムで安くて居心地のいい長期滞在できる街を探しているが、全てを満たす街はなかなか見つからない。

また12バスで市街地に戻り、途中メインの通りのLe Duanで見かけたパン屋に行ってみる。ABCベーカリーというのと、すぐ近くになんとかベーカリーという2つのこぎれいなパン屋があり、それぞれ中に入ってみてみたが、ABCベーカリーはローカルのパン屋と同様ショーケースの中にコバエが入っていた、隣にいた店員はそれが見えているはずだが何もしない。まあ1匹だけなのでローカルパン屋よりマシだろう。もう一つのなんとかベーカリーは入ったとたんに店員が自分の足元を見たのがわかった。素足にホコリを被ったサンダルで店に入ったが、ここはハエが全くいない。少しは衛生面を気にしているようだった。試しに菓子パン10k-12kを買ってみたが味は悪くない。

そのあと、チェー屋でche thap cam(甘納豆練乳かき氷)10kを食べて宿に戻る。