読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vietnamoni’s blog

ベトナムの観光地の裏側を歩く

ベトナムサバイバル 4/27 ダナン

宿の近くの前から気になっていたグラスの中の白いミルク?の上に黒い物体ののったデザートの写真のある店に入ってみた。メニューを見ると名前が sua chua nep camとあり、ヨーグルトはわかったが、nep camが辞書を引いても出てこない。とりあえず注文してみると、黒い豆のようなものが入ったグラスが出てきた。スプーンで黒い物体をすくって食べてみると、食べた覚えのある食感、なんと中国でたまにご飯として食べてた黒米だった。黒米はおいしいので好きだが、まさかヨーグルトと混ぜて食うとは。でも意外にマッチしててこれはこれでおいしかった。12k。

夜、これまた以前から気になってた棒に肉団子を巻いてる店に行ってみた。店に入ると客はみなグループで、大皿に盛った肉巻き棒と野菜を食べていた。注文の仕方がわからないので客の中で麺を食べてる人がいたので、その人のどんぶりを指してこれ、といい、店員が運んでた肉巻き棒を指して指で2本とジェスチャーした。出てきたのは焼肉麺?で味は悪くなかった。肉巻き棒もなかなかの味で、本当はこれを野菜と春巻きの皮で包んで食べるようだが、頼んだ数が少ないので野菜も春巻きの皮も出てこなかった。支払いの時、値段を聞かずに注文したので50kくらい行くかと思ったら32kだった。安い。観光客がこんなローカル食の店に気軽に入れるようになれば、これはこれでダナンの観光名物になると思うが、そうなると店側が地元客相手に安い値段で提供しているのがばからしくなるだろう。ここは観光客が来ないから安いのであって、宿のすぐ近くの麺屋のように英語でメニューを書き観光客を呼ぼうとしてる店は、地元で15kもしない内容の麺を25kや30kで売ってる。しかもうまくない。地元客が来ないから何も知らない観光客を当てにしてる。