読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vietnamoni’s blog

ベトナムの観光地の裏側を歩く

ベトナムサバイバル 3/29 ホーチミン ムイネー

朝7時に宿を出てバスでphuong nam travelへ。スーツケースを持ちバスに乗って5k払うと運転手が何やら言う、どうもスーツケースに5k払えと言ってるようなので追加で5k払う。旅行会社へ7:30に着くと、まだバスは来てない。オフィスの前には大量の荷物が積まれていた。隣の屋台でミカンジュースを注文15kし、待ってると黄色いバスがやってきた。道路沿いの柵に他の乗客と一緒に座って乗り込むのを待つ。自分以外外国人は見当たらない。いよいよバスに乗り込むと、、あれ、だいぶ年季が入ってるが、席は半分もうまっておらず快適。途中みちすがら地元のをのせてったが、それでも乗車率7割といったとこだった。

途中の休憩所ではアイスを買ったが、同じものがホーチミンで11kだったので10kと言うと、15kと言っておばちゃん譲らず結局15kで買った。ほかに落花生のようなものを売っており、よく見るとタマリンドと書いてある。食べたことないので一個試食させてもらうと、プルーンのような味で、小分けにされた袋の方をいくら?と聞くと30kという。高いなと思いつつ、まあ試しに買うかとかって、その場で1個からを割ってみると、どうみてもカビが生えてる。おばちゃんにこれ食えんのか?と日本語で話すと、何やらベトナム語でしゃべり、ジェスチャーで大丈夫と言った。もう1個割ってみると、今度はひからびていかにも危なそう。こりゃだめだと思い、おばちゃんにジェスチャーで返金返金、と表現すると、何言ってんだい、と、悪くなさそうな部分をかじって、ほら大丈夫だろ、行った行った!ってな感じで押し切られてしまった。バスに戻り、隣のおばちゃんに、これ食べれますか?としなびたタマリンドとメモ帳にベトナム語で書いて見せると、首を振り、ちょっとよこせとタマリンドを一個取って割り、これがたべれるやつ、と、見分け方を教えてくれた。

13時ごろようやくムイネーの宿「ムイネー ガーデン」の坂の下に着いた。ガタガタの坂をスーツケースを引き、たまに持ち上げて宿へと道を上がっていった。着いたところは見た目悪くなかった。が、ホステル用相部屋はネットの情報とかけ離れていた。