vietnamoni’s blog

ベトナムの観光地の裏側を歩く

ベトナムサバイバル 3/25 ホーチミン

今日は「トイズトラベル」のチェックアウト。大満足とは言わないが、まあ、10日近くも宿泊するほどだから悪くはなかった。一旦荷物をまとめて10時からのユンのレッスンに出かけ、宿に戻ると黒人のフランス人がキッチンにいたのでちょっと話をした。今日は橋が虹色に光る場所に行くらしい。どうやって行くのかと聞くとgrabという、uberのバイクタクシー版のアプリを教えてくれた。これで自分場所と行きたい場所を入力するとおよその運賃も出してくれるらしい。

12前に「トイズトラベル」をチェックアウトし、次の宿「スぺホームステイ チャンフンダオ」と言うところに移動した。すると、エアコンが壊れたからもう一つのホステルに行ってくれと言う。「スぺホームステイ」という、以前泊まった「シゴーンホステル」の近くで、ちとうるさいエリアだった。そこへ、ホステルのにーちゃんのバイクの後ろにでかいスーツケースを抱えて乗り、もう一つのホステルへと向かった。部屋は広めで悪くないがベッドが年季が入ってて、マットがなにか臭う。ランドリーサービスを頼もうとホステルのスタッフに言うと、うちではやってない。クリーニング屋があるからそこに出してくれ、と住所を渡された。地図で見ると「シゴーンホステル」に泊まっていた時見かけたクリーニング屋だった。そこへ洗濯物を持っていくと、おばちゃんがいて、いくらか聞くが英語が通じない。ベトナム語で何やら話すがわからない。話の中で中国語を言ってるのが聞こえ、中国語で話すと、中国語で返ってきたので中国語で話をした。夕食は久しぶりにco bac通りのフーティウ屋へ。フーティウチョッ、ザウチュッ でちゃんと汁無しフーティウで別皿の野菜は湯通しで出てきた。帰りに仕上がった洗濯物を取りに行って、宿にもどると、中国語をしゃべる男女2人ずつの旅行者が部屋に入ってきた。んー、中国人だ。他人のことなどお構いなし。そして夜は思った通り、10時を過ぎても外ではでかい声が聞こえ、バイクの爆音とクラクションがひっきりなしに聞こえる。明日、自分が予約したほうの「スぺホームステイ チャンフンダオ」に移れなかったら、キャンセルしてまた「トイズトラベル」に戻ろうか。ここはひどすぎる。