vietnamoni’s blog

ベトナムの観光地の裏側を歩く

ベトナムサバイバル 5/16 ニンビン ハノイ

朝は近くの道端屋台というか家の前で売ってたBún đậu屋。いくらと聞くと20kと言ったが、そんな値段に見えないので、10kを見せてニョー(小)とジェスチャーすると、おばさん笑いながらうなずいた。Bún đậuは初めて食べたがこれで10kなら悪くない。上にのってた厚揚げのようだが多分魚のすり身も入ってる厚揚げも悪くなかった。自分には十分の量だった。

一旦宿に戻り、コーヒーが飲めるところを探して町を歩き回ったが、道路の屋台カフェさえ見当たらない。やっと見つけたこの町に不似合の洒落たカフェにたくさん人がいたので入ってみた。カフェスダ一杯25k正確にはただの練乳エスプレッソ。このしゃれたカフェの大通り向かいにはローカルカフェが2件ならんであるが客は数えるほど。金持ちと貧乏人の差がはっきりしてる。

稼ぎは何をやっているかで決まる。一杯10k程度の具を減らしたうどんを30kで売ってぼったくってもたかが知れてる。腐りかけのバナナを定価で売っても金持ちにはなれない。トイレ入って覗いただけで使用料2k払えとしつこく要求した所で生活は変わらん。
ここは辺鄙な田舎に人工的に作った街なんじゃないか?

 

ニンビンは最後までやってくれた。このゴーニンビンという宿で、ハノイ旧市街までのバスを予約できるというので、120kと電車より高かったが、旧市街にある次のホステル近くまで送ってくれるならと、バスで行くことにした。このバス、4時10~20分の間に来ると言っていながら来たのは5時近く。しかもバスに乗り込もうとすると助手のにやけたにーちゃんがレディーファーストだとか言ってわざわざ先に来た自分を待たせ、後から来た女の子たちを先に乗せた。バスに乗ると席が無いうえ通路は荷物で満杯で、運転席後ろの助手席に座った。バスが走り出すとこいつ、客の荷物を踏み、その上に足を載せて寝やがった。バスはバスでノロノロ走り、おかしいと思ったら途中で路肩にしばらく止まり、一人ピックアップするため待っていた。満杯のバスの中にまた一人乗せてようやく走り出すと、このにーちゃん、先に乗せたベトナム人の女の子とずっと話をしていた。結局ハノイに着いたのは7時過ぎで、しかもこのにーちゃん、送迎のため若い女の子にしか宿泊先ホテルのアドレスを聞かない。一人、おばさんがホテルの住所を書いた紙をこのにーちゃんに見せながら、いつ着くんだとしきりに聞いてたが、あんたは一番最後だと若い女の子たちとちがって冷たい態度だった。自分はもともとこんなやつあてにはしてないので、GPSでバスの位置を確認して、宿の近くに来たときにバスを止めさせて降りた。

田舎もんの低能くそ野郎だ。こんなやつをたくさん見てきた田舎もんの俺が言うんだからいいだろう。もし万が一またニンビンに行くことがあるなら、その時はいいホテルに泊まって観光エリアから出ないようにする。

で、やっとついたハノイはアジア バックパッカー ホステル (Asia Backpacker Hostel)というところにとまった。ここはベッドが区切られてて対面が壁なので、カプセルに近い。清潔だし値段も手ごろで悪くないが、部屋が何か臭うのが気になる。

夜8時を回ってようやく飯を食いに街に出る。宿の人にたくさん店があると言われた路地に行くと、飲み屋街だった。こりゃ違うと思い、観光客の居なそうな道を歩いて行って、ようやく地元の人たちがいる店をみつけて入ったが野菜が少し入った焼うどんが30kだった。あり得ない。ドンホイなら30kも出せばうまい定食が食えたのに。

今まで日本円で一食150円以下で定食を食ってきたのに、ここでは野菜が少し入っただけの焼うどんが150円。こんなもんほかの街なら50円で食える。ネットでは料理が300円(60kVND)!安い!とか書いてるが、全く安くない。ベトナムの日本人にとっては非常識な安さを知らんのだ。実際は1/4以下だ。というか、今はもうネット検索で引っかかるのはブログも含めて旅行業界の宣伝がらみのものばかりだ。ネットで誰かがハノイで物価の安いエリアを聞いてたが、その回答がなぜか削除されていた。ネットに金払ってる企業の都合のいい情報しかヒットしない時代になった。

まあいい。明日から地元の人で混んでるやすくてうまい店探しだ。

ベトナムサバイバル 5/15 ニンビン

夜行列車に乗って朝の10時ごろにニンビン駅に着く。ここはひどい。街を歩いていると何度も「モータバイク!?」と声をかけられる。店に入ればしょうもないものを高値で売ってくる。市場に行けば商品価値の無くなった熟しすぎたバナナを高値で売ろうとする。まさに貧乏農村の典型。しかもここは店は有ってもどこもガラガラで、地元の客が入っている店を見つけるのに苦労した。ローカルカフェもほとんど見当たらないし人がいない。工事現場のバラックのようなところで露店を出しているのを見つけたが、客のほとんどはコーヒーを飲んでいない。つまり、不味いんだ。スイーツもようやく一軒まともなとこを見つけたくらい。

宿の周りには観光客相手の店はある。しかし、高いカネ出しておいしいのは当たり前だ。が、だいたいこんなところでは高いカネ出して不味いものが出てくる。価格に見合う味なら地元の人で繁盛しているはずだが、外国人しかいない。

陸のハロンと言われるタムコックやホアルーに行くつもりだったが行く気が失せた。街中でこれなら観光地の状況は想像できる。早くこの町から出たい。

ムイネーと状況が似ている。ムイネーの時はわからなかったが、経験を積んだ今ならわかる。この町は長居は無用だ。

ベトナムサバイバル 5/14 ドンホイ

とうとうドンホイを離れる日がやってきた。昨日はまた新たに手頃なカフェやうまい焼肉屋を見つけたのに、残念だ。電車は深夜の12時過ぎで、チェックアウトしてからの時間つぶしに困った。

ベトナムサバイバル 5/13 ドンホイ

まだドンホイにいる。この河口周辺は景色はいいし風があって蒸し暑くないし飯はやすくてうまいし申し分ない。宿の居心地がいまいちだが安いのでこれは仕方ない。

こんないいとこなのに観光客は少なく、比較的自由な旅をしているドミトリーにとまるゲストもほぼ一泊でいなくなる。ほかの宿に行ったのかもしれないが、この辺りには似た料金のドミトリーはほかに一軒しかなく、そこを見に行ってみたが、部屋はバーの二階で古いし汚くてベッド全て使った形跡がなかった。ここに来る観光客の目的は洞窟ツアーで、ドンホイ自体の観光は考えていないとはいえ、こんな(この河口エリア)観光資源が詰まってる場所を楽しまないのはもったいない。カネをかけずにのんびりくつろぎたい人には最高の場所だと思う。

観光客がいないのは、一番は言葉が通じないからだろう。いくら景色が良くても飯も食えず、飲みたいものも飲めなければ長居はできない。もちろん英語の通じる旅行者向けのレストランやカフェはあるが、現地の店にいけない観光客向けの価格だ。つまり、ここドンホイを安く楽しむにはベトナム語で注文できるか、地元の人しかいない店に入り、言葉が通じなくてもスマホの翻訳機とジェスチャーで注文できる人に限られる。

 

せっかくなのでドンホイの情報を載せておく。この情報は実際にドンホイに行き、地元の人たちに迷惑をかけない人だけ参考にしてもらって、拡散はやめてほしい。

■おすすめ店(うまくてまあまあ清潔、どこも地元客で混んでて外国人いない)

日本では客は誰でも神様で店は注文されればまともな品を出すのが当たり前と思ってるが、ベトナムではよそ者に品を出すか、どんな品(常連さん同等か、残飯か)を出すかは店が決める。特におばさんには注意、食わしてやる意識が強い感じがする。俺は客だぞとやると残飯が出てかつぼったくられる。

ここはベトナムなので英語、日本語が通じないのは当然のこと。日本語でジェスチャーを交えて礼儀正しく接すれば、言葉は通じなくてもだいたいわかってもらえる。

 

【焼肉定食屋( com tam sai gong )】 Bà Huyện Thanh QuanとTrần Khát Chân近く。この周りにチキン屋が3軒 。11時から12時半頃まで開店。 夕方は5時ごろ? 注文は、テーブルにメニューがあるのでそこから選ぶ。おすすめのCơm tấm thịt hầm nấm が豚肉の角煮定食35k。焼肉は多分Cơm tấm saigon 35k。 鶏(ga)はいまいちだった。


【プレートcom屋1(Nhu Y)】Lê Quý Đôn沿い、Nguyễn Đình Chiểu近く。11時から12時半頃まで開店。 夕方は5時ごろ? 注文は、店で給食のプレートで食べてる客がいるので、そのプレートを指さしてどうせ英語は通じないので日本語でこれくださいと言って指で1つとジェスチャーすれば、椅子に座ってれば持ってきてくれる。30k。

 

【田うなぎ粥屋(Cháo Lươn Thùy Dương)】 Phan Bội Châu 沿い、Bùi Thị Xuân近く。昼間休み? 夕方は5時ごろ?  。田ウナギ粥の注文はチャオルンと言ってCháo Lươnと書いた紙を店員に見せればいい。店の奥右の壁に小さなメニューが貼ってある。miến lươnは田ウナギと春雨いため。値段は確かどちらも35k。


バインミーパン屋】Lý Thường Kiệt沿い、Phan Chu Trinh近く。朝は6時には開いてる。店の前に持ち帰りの人が集まってる。注文は店員にモッカイ バインミーと言って指で1つとジェスチャーすればその場で作ってくれる。渡されるときに10k札渡せばいい。ベトナム語以外通じないので英語を話すくらいなら日本語を話した方がいい。

 

■いってもいいかもの店
【プレートcom屋2】 Cao Bá Quátと Bà Huyện Thanh Quanの近く。 11時から12時半頃まで開店。 注文は、店で給食のプレートで食べてる客がいるので、そのプレートを指さして指で1つとジェスチャーすれば、椅子に座ってれば持ってきてくれる。30k。

 

【Pho 屋】 Lê Quý Đônnと Dương Văn Anの十字路。壁に大きくいろいろphoの種類が書いてあるが、シンプルにphoと頼めばいい。30kは高めな気がする。


【ローカルカフェ】 pho屋向かえ。注文はモッリーカフェサー(ミルクコーヒー)といっえば出してくれる10k。夫婦でやってるが旦那さんに淹れてもらうことを条件に薦める。奥さんはどうも一度淹れたフィンを使ってる感じ。


【スイーツ屋】Nguyễn Đức CảnhとLê Quý Đônnの近く。学生の授業時間は閉まってる。午後3時以降。注文はメニューがあるのでそれから選ぶが、おばあさんがプロ。嫁?の若い女性は素人。注文時にマンベ(持ち帰り)と言ってテイクアウトで川べりの公園で飲むのがいい。

 

■ビーチ

Cảng Đồng Hớiのある公園から橋を渡った先のビーチは何もない。行くなら公園から北方向の河口に向かって数キロ行くと景色のいい鳴き砂のビーチがある。

 

■市場

公園から川沿いを南にいったところにドンホイ市場(Chợ Đồng Hới)がある。Mẹ Suốt通り沿いに出してる店はぼるのでやめたほうがいい。呼び込みがすごいからすぐわかる。それから、Cô Tám通りの焼肉屋でブンと焼肉を野菜で巻いて食べる料理(bún thịt nướng)を注文したが、ブン、肉、野菜別々で皿で出てくるのに、ここではどんぶりにブン、肉、野菜をいっしょくたん入れられ、他人が使った残りであろう縁に汚れがこびりついた茶碗にタレを入れたものを出してきた、つまり残飯を出された。これは何だとメニューの写真を指さすとmixと言った。野菜が無いので野菜をくれと言うと別皿で野菜を持ってきた。上に乗せた肉とブンだけ食って小太りのおっさんに30k渡して出た。

ベトナムサバイバル 5/8 ドンホイ

今日は朝からフォンニャ洞窟と天国の洞窟へのツアー。二か所で1050kVND日本円で約5000円と、庶民の食事が一食15k-30kのベトナムでは相当いい値段。自分で行けば600kくらいで行けそうだが、手間を考えて今回はツアーに参加してみた。

午前中の天国の洞窟は大きさに圧倒された。ここはその空洞の大きさが見どころ。午後のフォンニャ洞窟はボートで洞窟の中を進むが、ここは天井彫刻のような鍾乳石が圧巻。フォンニャ洞窟はこの天井の鍾乳石がすばらしいのと、天国の洞窟のように橋がなく、地面を直に歩いて間近に鍾乳石を見れる。残念なのは照明がへたくそで、ちゃんとした照明技術を使って天井を照らせば、ここは驚くほど美しくなるとおもう。ツアー客のほとんどは船で前しか見てなくて、これではこの洞窟の良さはわからないと思った。しかも、船は洞窟の中を進むときは屋根を後ろにたたむが、後ろの席はたたんだ屋根で真上が見えない。乗るなら前方。

だいぶ高かったが、それだけの価値のあるツアーだった。

宿に戻り、夕食には早いので外をぶらぶら歩いていたら中学生?がたくさん椅子に座って何か飲んでいるのを見つけた。ベトナムでは朝夕しか開いてない店があって、昼間は看板も閉まってることがあるから昼間は店なのかさえ分からない時がある。どうもジュース屋らしいので、入ってパッションフルーツ&ヨーグルトジュース15kを買い、またまた川べりの公園で川を眺めながら飲んだ。

ベトナムサバイバル 5/7 ドンホイ

朝、ドンホイの宿についてからすぐに周りに何があるか歩き回り、大通りにパン屋2店、ga(チキン)屋3件、住宅街にCOM屋数件をみつけていたので、大通りのパン屋の一つにバインミー10kを買って食べてみた。味は悪くない。そのあと、昨日見つけたいい雰囲気のカフェに行ってみると、週末のせいか混んでいて席が無かったのでその辺を歩いていると、十字路のカフェに地元の人たちが集まっていたのでそこに入ってみた。カフェスダいくらと聞くとムイラム(15k)と言った気がしたが、ムイエン(10k)?と聞くとムイエンと言ったので一杯注文した。ここのコーヒは意外にうまかった。15kでもいいくらいだった。その店には小さな子供がいて、店の中を走り回っていた。そこにアイスキャンディー屋が通りかかるとこの子が騒ぎだしてお母さんが怒りだした。どうも子供がアイスほしいと騒いでいるようだった。結局お母さんが子供を連れてアイスキャンディ屋の方に歩いて行った。アイスキャンディーを手に持った子供が小躍りして店に戻り、振り返ってアイスキャンディ屋のおじさんに手をブリブリ振るのがおかしかった。日本にもまだこんな光景はあるんだろうか。

そのあと橋を渡って数キロ歩いてビーチを見に行ったが観光地と言った感じではない普通の砂浜だった。そこから河口側の突端へ行くと何とかリゾートと言うゲートがあり、その隣が工事中だったので近づくと、後ろからでかい声でNO!!!と警備員が叫んで制止させられた。そこを迂回して河口の突端に向かうと、今度もまた工事中でゲートに警備員がいるのが見えた。看板には砂浜に道路を作る計画の様だ。ゲートに近づきその先を眺めていると、サングラスの警備員からtaiwan?と聞かれたのでjapanと答えると、ジェスチャーで、どうぞとゲートの先に入れてくれた。その先を進むと、市の公園なのか何とかリゾートの敷地なのかよくわからない工事中の公園のような場所があり、その先にあった2つ目の門をくぐると、明らかに整備された、多分何とかリゾートの敷地に入った。その芝生の外側の砂浜を工事していて、まるで何とかリゾートと海との間の砂浜にむりやり道路を作ろうとしている感じだった。河口の突端に立つコテージの前の砂浜はまさに工事の最中だった。果たしてこの道路は何とかリゾートのものか、ドンホイ市のものか。

そこから漁師町の中をあるいて橋までもどったが、多くの普通の民家の庭がオープンカフェのようで、街中を歩いているだけで楽しかった。どうもこの町の所得水準は高いような気がする。

 

昼com屋 25と言われ、20見せると20分のおかず。うまい。

大通り沿いのジュース屋でマンゴーミルクティー17kなのに釣りが無いといって18kになる。味は悪くないが少ない。川べりの公園で飲む。

ベトナムサバイバル 5/6 フエ ドンホイ

12時の電車だが9時には駅へ。宿のスタッフに20k渡してバイクで連れて行ってもらう。

フエ駅の周りを探索する。駅近くに公園有。駅裏手が開発中。

フエは飯が不味かった。あまり住みたいとは思わない。

ドンホイ駅についてバイクタクシーと交渉、宿まで3kmくらいでいくらと聞くと40kというので30kVNDと言うとあっさりokと言った。

宿はnam long、川べりの公園の隣で景色がいい。早速近くの市場を聞いて行ってみるがとても小さいうえにもう終わっていた。マンゴーを見るが質がよくない。果物が少ない。